【善悪の屑】第2巻のネタバレあらすじ -目には目で歯には歯で ヤられた方法を倍返し-

【善悪の屑】第2巻

【善悪の屑】第2巻のあらすじ

人の弱みに付け込み、家に押し入り、次第に恐怖で家族を支配する老女・榊ヨシ江。また、練馬区で起きた一家惨殺事件。この二つの事件の被害者である依頼人から仕事を請け、復讐屋のふたりは動き始める。

トラの身の上に起こった悲劇

第2巻では、トラこと、島田虎信の身の上に起きた事件が、トラの回想として描かれている。地下格闘技の世界で王者となり連続防衛の栄光に輝く過去と、気性は荒いが心優しい母親との漫才さながらの掛け合いの妙。トラがいかに深く母を愛していたか、また、トラが復讐屋になる引き金となった事件が描かれる。

カモメ古書店に新たな居候・開成奈々子

練馬区一家惨殺事件の依頼人、開成奈々子は、その後、カモメ古書店に居候し、生活を共にする復讐屋の一メンバーのようになっていく。奈々子は20歳であるが、引きこもり生活が長い。インターネットやガジェットへの知見があり、その知識を用いて復讐劇にも参画する。

きっかけとなったのは、練馬区にあった開成家一家殺人事件。犯人は、練馬の殺人鬼と恐れられ、テレビなどメディアでも取り上げられるが、まだ捕まっていない。奈々子は、一家惨殺事件の最中、奇跡的に生き残ったが天涯孤独の身の上となり、いつしかカモ&トラと生活を共にするようになる。

ネタバレを読む前に・・・

やっぱり自分の目でストーリーを味わってみたい!という方は、下記のリンクから【無料】で善悪の屑が読めちゃいますよー。
スマホ→ 【善悪の屑】を無料で読んでみる

パソコン→ 【善悪の屑】を立ち読みする

【善悪の屑】第2巻

【善悪の屑】第2巻のネタバレ

エピソード1:家族乗っ取り事件(第8話から第10話)

カモメ古書店に、少女リナがある女性を連れてくる。カモに相談があるのだと。女性が用件を伝えようとしたその時、彼女の知り合いとみられる男二人が入ってきて、連れ帰ってしまう。

その女性の家は、榊ヨシ江という老女とその子分の男たちが居座られていた。榊は、暴力による恐怖で一家を支配、家庭を完全に乗っ取っている。榊ヨシ江は、家族全員に様々な指示をだす。行動の全てを監視し、指示以外のこと、例えば、居眠りや、寄り道などが見つけては、「ペナルティ」と称した罰を与え、家族同士、暴力で罰し合わせ、家族を破滅へと追いやっていた。

カモは、偶然、近くのスーパーの食品売り場で女性と出会う。疲れ切った彼女の様子は普通ではない。子分の男たちは、彼女を監視しているようにも思われる。不審に思ったカモは、夜、問題の家を訪ねるが、用心棒たちの急襲を受け倒れたまま、家の中に運び込まれる。

家に入ると、老女・榊が、カモを殺して床下(地下)に埋めるよう指示を出す。子分達は指示通り殺害を図ろうとするが、カモは間一髪、難を逃れて反撃に成功する。カモは、榊ヨシ江を家から連れ出し、制裁を加える。翌朝、クレーン車に逆さ吊りにされた榊の死体が発見され、ニュースになっていた。

元になったと思われる実際の事件

尼崎連続変死事件(主犯角田美代子)一家乗っ取り事件

エピソード2:練馬区の殺人鬼事件 / 開成奈々子からの依頼(第11話から第12話)

東京都練馬区で、惨殺事件が起こる。開成家の主人とその妻、遊びに来ていた姪が犠牲者となった。一人生き残ったのは、引きこもり生活を長く続けている娘の開成奈々子であり、二階の自室にいたことで、災難を免れた。現場には遺留品が多く残されていたが、犯人は見つかっていなかった。数週間後、奈々子は、カモメ古書店を訪れる。

ネットに詳しい奈々子は、SNSなどを駆使し、犯人を自分の場所におびき寄せてみせる、という。カモとトラは、部屋で犯人を捕まえようと待ち伏せをする。果たして、犯人が部屋に侵入してくるのだが、カモらともみ合いとなるうち、犯人はガス栓とライターを用いて、小爆発を起こし逃走した。

その一件以降、奈々子はカモメ古書店に居候し、カモ、トラたちと生活を共にするようになる。

練馬区開成家一家惨殺事件の犯人は、ゴラゴラコミックの編集部員である園田夢二であることが明かされる。

元になったと思われる実際の事件

世田谷一家殺害事件(未解決事件)

エピソード3:渋谷ミニバン暴走事件 / 女子高生からの依頼(第13話から第15話)

古書店の前にたたずむ一人の女子高生。買い物帰りのトラが、彼女に声をかけるなり、母の仇をとってほしいと口にする。

彼女の話はこうであった。彼女の母親は、万引きで捕まってしまった自分を迎えにくる道中、薬物中毒のドライバーが運転する車に激しく衝突され、即死となった。犯人は、危険致死運転の罪に問われるも、使用していた薬物が規制の対象外であったため、罪に問われなかった。社会復帰した後も、反省の色は見えず、SNSなどを通して、人生を謳歌している自己を自慢げに表現すらしている犯人を許せない、母の仇を討ってほしい。

トラは、カモには黙って単独で依頼を受け、数日後、犯人を捕縛した。車のトランクに押し込み、田舎に連れ去った。

トラの回想 -地下格闘技界での活躍と母の死-

トラの回想。4年前、喧嘩で拘留され出てきたトラを叱る母。もうケンカはするな、地下格闘技の大会にも出るな、お前が怪我をしたら金がかかるから、という。トラは、地下格闘技界のヒーローで有名人であった。

母は、口は汚いが、愛情の深くトラを育ててきた。トラは母の忠告を聞かず、地下格闘技大会に参加、大怪我を負う。見舞いの帰り、母は、トラの入院費用が入ったバッグをひったくられ、弾みでガードレールに激突して即死。

犯人は捕まり、懲役7年の刑が言い渡される。母の死に比較して、あまりにも軽すぎる量刑であった。

トラは、女子高生に依頼された復讐を実行している。足を縛り、大木から逆さ吊りにして、肥溜めに沈めようとしている。しかし、殺すことにはどうしても抵抗を感じ、ためらうトラであったが、後から駆け付けたカモは、ロープの紐を切断、犯人を肥溜めに沈めた。

カモはトラに言う。この仕事をやる以上、オレとおまえは一蓮托生だ、二度と勝手なマネはするな。 仕事を終えて、母の墓を訪れたトラ。墓石に抱きつき、嗚咽をもらすのであった。「オカン、あと3年や」とつぶやきながら。

元になったと思われる実際の事件

池袋危険ドラッグ吸引RV暴走死亡事故

管理人の感想!第2巻

復讐の描写がちょっとあっさりしてますかね

manga-jonny
榊ヨシ江という老婆が一家を乗っ取って、家族同士殺し合わせる、というのは、本当に悲惨な話で。実際に起こった事件、尼崎事件がこんなだったのかと思うと、嫌ぁあな気持ちになっちゃいます。カモが、老婆を成敗する顛末はちょっと違和感があるというか、正式な依頼もなしに、そんなことまでやっちゃうんだ、という気がして。復讐屋としてのプロ意識みたいな点が、欠けているように思えますなー。なんか、こう、大金をもらって、依頼人の指示通りに殺しを実行するクールなキャラ、という先入観があるからかもしれませんな。それこそ、ゴルゴ13みたいな感じ?カモはちょっとそういう感じじゃないんですよねー。人間臭い、感情を殺しているようでもどこか感情で動いてるというのかなあ。まだまだ、カモの心に中を貫くポリシーみたいなのが伝わって来ませんね。

私刑の方法ですが、クレーンから逆さ吊りにして、肛門?かどこかの穴に避雷針を挿入して、雷が落ちやすいようにする。漫画的。マンガですけどね。こんな大掛かりなこと、一人でようやる、と思うし、目撃者おらんのかね?とか思う。ちょうどいいところに落雷があって、私刑が完了する。漫画ならではの流れです。ちょっと物足りない感じは残る。

練馬区の殺人鬼が登場しました。世田谷一家惨殺事件を元にしていると思いますが、実際の事件て、こんなだったのかーと改めて調べてみたら、犯人は、犯行現場で、犯行後にアイスクリーム食ってたって?ほんと、恐ろしいことですぜー。この話の殺人鬼は、園田夢二ですが、なかなかクッキリしたキャラクターですね。ジャニーズのイケメン俳優が演じているような雰囲気がある。漫画家志望ってのが、ちょっと笑っちゃうんですが。

トラの過去が描かれました。トラとオカンの掛け合いは、あれは、まさに関西人の日常ですわ。東京の人間が聞いたら、ビックリしてまうような罵り合いをしているように見えて、それが、ちゃーんとコミュニケーションになってる、という。キッツイことを言うのは、関西人の照れ隠し的なところもありましてね。この親子の掛け合いは、ほんま、オモロイです。しかし、母親を、ああいう形で死なせたのは、ある意味、トラの自業自得。自分を責めて責めて、責めまくって、それでも足りないところがあって、それを他者へ責任転嫁して、悪人殺しに走った?まだまだ、説得力に欠けるような気もしますが、筋としては理解できる。トラは、人間的ですわ。中途半端なところが、人間的。カモは、ちょっと、まだ、理解でけへんとこがあります。

下にあるコメント欄にて、感想をお寄せくださいませ!

関連記事

第3巻は、連続幼女殺人事件、練馬区の殺人鬼・園田夢二、強姦魔ジェイク・堀尾による三つの事件が取り扱われます。カモ、トラ、奈々子の3人で鍋を囲むエピソードも面白い!

こちらからどうぞ→ 第3巻のネタバレ&あらすじ

ABOUTこの記事をかいた人

manga-jonny

精密で細かく、コマの詰まっているような漫画は苦手なんです。絵が大きくてわかりやすく、セリフもそんなに読まなくてもわかる作品、そんなのが好きです。【善悪の屑】は、とっても読みやすい。眺めるだけで、話の内容が、直感的にわかる。劇画としての絵も、どんどん洗練されて、これ絶対、映画化されちゃうよね、とか思ってます。

なまえ:manga-jonny
ところ:トーキョー
趣味:唐揚げ
年齢:まだ生きてます